楽天Edyと楽天カードの相性は抜群!楽天Edyは楽天カードからチャージしよう!

 

楽天Edyは楽天カードと相性がいいのかな?

楽天Edy機能が付帯している楽天カードを発行すると、通常であれば300円(税抜)かかってしまう楽天Edyを無料で使うことができます。

Edy機能が付帯している楽天カードを発行すれば、500円相当が使える状態で手元に届いてお得です。

しかも、楽天カードには入会キャンペーンがあり、入会するだけで5,000円~10,000円相当のポイントが獲得できるため楽天Edyを使いたい方は、ぜひ楽天カードを発行しましょう。

それに加えて、楽天Edyのオートチャージに楽天カードを設定すれば、決済とクレジットチャージのポイントの二重取りが可能です。

ここでは、楽天Edyと楽天カードの相性の良さと、楽天カードの入会キャンペーンで最大10,000円相当のポイントを受けとる方法を解説します。

楽天Edyを使うなら楽天カードを発行しよう!

楽天カード

楽天Edyが楽天カードと相性抜群な理由には以下があります。

  • 無料で楽天Edyが発行できる
  • オートチャージができる
  • ポイント付与がある
  • キャンペーンがある

楽天Edyのオートチャージが利用できることや、お得なポイント付与があったりと楽天Edyと楽天カードの相性はバッチリです!

それでは、相性が良い理由を詳しく見ていきましょう。

300円する楽天Edyが無料で使える!

楽天Edy

楽天Edyは、楽天市場で楽天Edyポイントカードを購入するのが一般的な入手方法です。

ですが、楽天市場で楽天Edyポイントカードを購入すると300円(税抜)かかってしまいます。

そんな時にお得なのが楽天カードで、Edy機能が付帯している楽天カードを無料で発行することが可能です。

Edy機能付き楽天カードは、1円もお金を使わずにクレジットと電子マネーの機能を使うことができます。

ちなみに、以下の方法であれば、楽天Edyを無料や通常よりもお得に発行することができるので参考にしてください。

  • キャンペーン中に楽天市場で楽天Edyポイントカードを購入する(税抜50円)
  • 楽天会員ランクでプラチナ以上を達成し、楽天Edyポイントカードを無料で獲得する
  • クロネコメンバーズカードを作成する(無料)
  • プロン党Edy楽天ポイントカードを購入する(税込500円必要。ただし、カフェプロントでドリンク割引など複数の特典あり)

楽天Edyは、キャンペーンでお得に発行できるので定期的にチャックしておきましょう。

楽天Edyを無料で発行する方法はこちら

 

楽天Edyのオートチャージができる!

楽天Edyが楽天カードと相性が良いと言える理由は他にもあり、オートチャージに対応しているからです。

では、オートチャージとはなんなのか?についてですが、楽天Edyの利用で、事前に決めておいた残高を下回った状態で決済した時に、設定した金額が自動でチャージされる機能です。

オートチャージは便利な機能ですが、どこのお店でも使えるわけではないので、その点に注意してください。

どこのお店でオートチャージが使えるの?」という疑問が出てくると思うので、具体的に以下を参考にしてください。

  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • ファミリーマート
  • モスバーガー
  • ツルハドラッグ
  • ドラッグユタカ
  • クスリのあおき
  • CoCo壱番屋
  • コメダ珈琲店
  • 和食麺処サガミ
  • はるやま

ローソンやファミリーマートなどのお店でオートチャージを使うことができます。

続いては、オートチャージの設定方法を見ていきましょう。

楽天Edyのオートチャージの設定方法を解説!

オートチャージの設定方法は『楽天e-NAVI』から設定することができます。

  1. 楽天e-NAVI』にログインする
  2. トップページ右上の「Edyチャージ」をクリックする
  3. Edyチャージサービスページの「Edyオートチャージ」をクリックする
  4. オートチャージ条件を設定し、楽天カード裏面のセキュリティーコードを入力する
  5. 申し込み内容を確認し、間違いがなければ「上記規約に同意して申し込む」をクリックする

上記の手順でオートチャージの設定が簡単に完了します。

これらの手順を済ませて、先程お伝えしたオートチャージが対象となっているお店で、お買い物をすれば設定が完了します。

ちなみに、オートチャージは以下の2つを満たしている状態で行われます。

  1. 楽天Edyの残高が3,000円以下であること
  2. 楽天Edyでの支払い金額が「支払い前残高+オートチャージ設定額」を超えていないこと

以下で具体例を交えて見ていきましょう。

前提条件:残高3,000円を下回ったら、5,000円のオートチャージをする

 

  1. 残高が2,000円の状態で3,000円の支払いをした場合
    →オートチャージされる
  2. 残高が4,000円の時に3,000円の支払いをした場合
    →オートチャージはされない
  3. 残高1,000円の時に7,000円の支払いをした場合
    →オートチャージされない上、支払いも成立しない

上記の通り、支払い金額が残高とオートチャージされる金額の合計で払いきれない場合は、オートチャージされないどころか支払いもされません。

つまり、残高とオートチャージされる金額で支払って、足りない金額を現金で払うことができないのです。

こうした状況を避けるには、事前にオートチャージされる金額を多く設定しておきましょう。

楽天Edyのオートチャージ設定方法の解説はこちら

楽天カードを使うとポイントの二重取りができる!

楽天Edyでお買い物をすることで、0.5%の還元率でお買い物をすることができます。

それに加えて、楽天カードからのクレジットチャージをした場合は、ポイントの二重取りが可能です。

  • 楽天Edyの決済:0.5%
  • 楽天カードからのクレジットチャージ:0.5%
    合計:1%

楽天Edyを使うことで0.5%の還元率でお買い物ができますが、クレジットチャージに楽天カードを設定して利用すると1%の還元率になります。

楽天Edyでお買い物をするなら、楽天カードからのクレジットチャージをしてお得に節約しましょう。

楽天カードにはお得な入会キャンペーンが用意されている!

楽天Edyが付帯した楽天カードを発行するとお得な入会キャンペーンがあります。

  • 最低5,000円相当のポイント還元
  • 500円分のEdy付帯

最低5,000円相当の入会特典は、入会する時期や条件で8,000円相当や10,000円相当の特典を受けることができます。

入会キャンペーンについては、後ほど詳しく解説していきます。

楽天カードなら入会特典付きでEdyが発行できる!

楽天カード

還元率 通常:1%
楽天市場:3%~
年会費 無料
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB・AMEX
ETCカード 540円
家族カード 無料

楽天カードは還元率が優秀なだけでなく、通常の10倍以上のポイントが貯まるキャンペーンがありポイントが貯めやすいクレジットカードです。

また、楽天カードの入会キャンペーンは最大で10,000円相当のポイントを獲得することができます!

ですが、楽天カードの入会キャンペーンで10,000円相当のポイントを獲得するためには、楽天会員ランクをプラチナ以上にならないといけません。

ここでは、楽天カードを持っているメリットと楽天カードの入会キャンペーンで10,000円相当のポイントを獲得する方法について解説します。

楽天カードは年会費無料でポイントがザクザク貯まる!

楽天カードは、年会費無料でポイントが貯めやすく海外旅行保険まで付帯していて、ハイスペックなクレジットカードです。

楽天カードを持っているとメリットがたくさんあります。

  • SPU等各種キャンペーンでザクザクポイントが貯まる
  • 特約店でポイント還元率が倍増
  • 楽天ポイントカード機能が付帯(加盟店でポイント2重取りが可能)
  • 海外旅行保険が付帯

上記のメリットの中でも、SPUのポイント還元率が通常の10倍以上になる特典は、多くの節約効果が期待できます。

どうせだったら、クレジットカードを使って少しでもお得にポイントを貯めたいですよね。

楽天カードを使って以下のキャンペーンでポイントをザクザク貯めましょう。

  • SPU(スーパーポイントアッププログラム)(最大ポイント15倍)
  • お買い物マラソンキャンペーン(最大ポイント10倍)
  • 応援キャンペーン(最大ポイント4倍)
  • 5と0のつく日キャンペーン(ポイント+2倍)

SPUの最大15倍のポイント還元は魅力で、ここまでポイントが貯まりやすいクレジットカードは珍しいです。

そして、買い回りキャンペーンの最大10倍のポイント還元もお得で見逃せません。

また、楽天カードはポイントを貯めやすいクレジットカードですが、入会特典も豪華です。

楽天カードの入会特典は最大で10,000円相当!

楽天カードの入会特典は最低でも5,000円相当のポイントがもらえますが、時期や条件によって7,000、8,000、9,000、10,000円相当のポイントを受けとることができます。

つまり、楽天カードの入会特典は以下のパターンは以下の通りです。

  • 5,000円相当のポイント
  • 7,000円相当のポイント
  • 8,000円相当のポイント
  • 9,000円相当のポイント
  • 10,000円相当のポイント

どうせだったら「10,000円相当の入会特典を受けたい!」と思うので、10,000円相当のポイントを得るために必要なことを解説します。

通常時は5,000円相当/キャンペーン時は7,000円相当以上

楽天カードの入会キャンペーンでもらえるポイントは以下になります。

  • 通常時は5,000円相当の還元
  • キャンペーン時は7,000円もしくは8,000円相当の還元

つまり、通常は5,000円相当のポイントが付与されますが、時期を選べば7,000円相当もしくは8,000円相当のポイントが獲得できます。

獲得できるポイントは頻繁にで変わるため、定期的に楽天カードの公式ホームページをチェックしてみてください。

また、楽天カードの入会キャンペーンは時期だけでなく、楽天会員ランクによっても獲得できるポイントが変わるため解説します。

楽天会員ランクがプラチナ以上で入会特典が最低でも8,000円相当!

会員ランク 達成条件
レギュラーランク ポイント対象の楽天サービスを利用し、ポイントを獲得する
シルバーランク 過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得
ゴールドランク 過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得
プラチナランク 過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
ダイヤモンドランク 過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、
かつ楽天カードを保有

楽天会員ランクがプラチナ以上であれば、楽天カードの新規入会キャンペーンで得られるポイントは以下の通りとなります。

  • 5,000円相当の時→8,000円相当にアップ
  • 7,000円相当の時→9,000円相当にアップ
  • 8,000円相当の時→10,000円相当にアップ

つまり、楽天会員ランクがプラチナ以上の方は、いつ楽天カードに入会しても8,000円相当以上のポイントを獲得できます。

楽天会員ランクがプラチナ以上の方は、タイミングを選べば10,000円相当のポイントを獲得することが可能です。

そのため、楽天カードの入会キャンペーンで10,000円相当のポイントを受け取りたい方は、楽天会員ランクをプラチナまで上げておきましょう。

それでは、楽天会員ランクの効率的な上げ方を解説します。

楽天会員ランクの効率的な上げ方

楽天会員ランクの効率的な上げ方について解説します。

先程もお伝えしたように、楽天会員ランクは楽天ポイントの獲得数と獲得回数によって決まります。

  • 楽天ポイントの獲得数
  • 楽天ポイントの獲得回数

一度にたくさんの楽天ポイントを獲得するだけや、少ない楽天ポイントで獲得回数だけを増やしても、効率的に楽天会員ランクは上がっていきません。

すなわち、楽天ポイントの獲得数と獲得回数の両方を高めていく必要があります。

そこで、おすすめなのが、JCBブランドの楽天デビットカードや楽天ポイントカードを活用することです。

  • 楽天デビットカード(JCBブランド)
  • 楽天ポイントカード

JCBブランドの楽天デビットカードは、還元率1%でデビットカードの中でも高還元率のため、楽天ポイントをザクザク貯めることができます。

ちなみに、楽天デビットカードは16歳以上なら発行可能となるため、審査がなく利用可能です。

デビットカードは口座からの支払いだから安心!」このようにクレジットカードと違って、使いすぎる心配がありません。

また、デビットカードの他には、楽天ポイントカードを活用して手軽にポイントを貯めるのもいいかもしれません。

楽天ポイントカード加盟店でお得にポイントを貯めましょう。

  • 各種楽天系列
  • くら寿司
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • PRONTO
  • まいどおおきに食堂
  • タニタ食堂
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • 大丸
  • 松坂屋
  • ツルハドラッグ
  • ダイコクドラッグ
  • SUIT SELECT
  • メガネ本舗
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • ジョーシン
  • 出光サービスステーション
  • キグナス石油

楽天ポイントカード加盟店で普段使っているお店はありましたか?

飲食店や電気屋さんなどの幅広い店舗に対応しているため、積極的に利用してみましょう。

楽天カードなら500円相当の楽天Edyが使える状態で届く!

楽天Edyをこれから使いたいと思っている方は、楽天Edyの機能が付帯した楽天カードを発行しましょう。

というのも、楽天Edyの機能が付帯した楽天カードを発行すると、特典として500円分のEdyが付与された状態で手元に届きます。

500円分が使える状態で楽天Edyの機能が付帯した楽天カードが届くのは、凄いことです。

具体的に、500円相当のポイントを還元率1%のクレジットカードで貯めようと思ったら、50,000円分も使わないといけません。

ここまでお得な楽天カードが、年会費無料で入会キャンペーンにてポイントまで獲得できます。

ぜひ楽天Edyと楽天カードを使ってみましょう。

まとめ

幅広いジャンルのお店で使うことができる楽天Edyは、以下の理由から楽天カードとの相性が抜群です!

  • 無料で楽天Edyが発行できる
  • オートチャージができる
  • ポイント付与がある
  • キャンペーンがある

楽天Edyを使う方法は色々ありますが、楽天Edyの機能が付帯した楽天カードを発行すれば無料で楽天Edyを使えるだけでなく、500円相当が使える状態で手元に届きます。

しかも、楽天カードの入会キャンペーンで最大10,000円相当のポイントを獲得することができるので、お得に入会しましょう。

楽天Edyを無料で入手する方法|Edyは楽天カード付帯が一番お得