貯めた楽天ポイントを楽天Edyに交換する方法を解説!楽天Edyはお得にポイントが貯められる!

 

楽天ポイントを楽天Edyに交換する方法が知りたい!

楽天ポイントは楽天ポイントクラブの「ポイントを交換」画面から、簡単に楽天Edyに交換することが可能です。

また、楽天ポイントから楽天Edyへの交換は、楽天ポイント1ポイントを楽天Edy1円分に変えられて、手数料等も必要ありません。

楽天Edyは楽天ポイントで使えるお店より加盟店が多いので「このお店は楽天ポイントが貯めれないのか…。」なんてことが減りますよ。

しかも、楽天Edyは楽天ポイントより使い道が広がるだけでなく、決済でポイントが付与されるんです。

おサイフケータイの楽天Edyなら、楽天ポイントの他にTポイントなど幅広いポイントを貯めることができます。

ここでは、楽天ポイントを楽天Edyに交換する方法について解説しているので、気軽に楽天Edyに交換してみましょう。

楽天ポイントを楽天Edyに交換する方法

楽天Edy

楽天ポイントクラブで、楽天ポイントを楽天Edyに交換する方法を以下で簡単に解説します。

  1. 楽天ポイントクラブ』にログイン
  2. 「ポイント交換」のボタンをタップ
  3. ポイント口座番号を確認
  4. 楽天スーパーポイントから楽天Edyへの「交換する」ボタンをタップ
  5. ポイント口座番号などの必要情報を入力

上記が楽天ポイントを楽天Edyに交換する方法で手間がかからず、簡単に交換できますよ。

ただし、楽天ポイントを楽天Edyに交換する際に、交換レートや交換にかかる時間などで注意しないといけない点があるため、その点についても解説していきます。

楽天ポイントと楽天Edyの交換レート

楽天ポイントと楽天Edyの交換レートは以下になります。

  • 楽天ポイント10ポイントから交換
  • 楽天ポイント1ポイントにつき、楽天Edy1円分

楽天ポイントを1ポイント1円の価値で使えるなら便利ですよね。

しかも、交換可能ポイントの条件は10ポイントからとなっていてハードルが低く使いやすくなっています。

それでは、楽天ポイントを楽天Edyに交換するのに必要な時間はどのくらいかかるのでしょうか?

楽天Edyへの交換には2日間必要

楽天ポイントを楽天Edyに交換する際に注意しておきたいのは、交換するのに2日間かかってしまうことです。

すぐに使いたい!」と思っても急には交換できないため、余裕を持って交換の手続きをするようにしましょう。

楽天ポイントを楽天Edyに交換するメリットを解説!

楽天ポイントを楽天Edyに交換するメリットは何なのでしょうか?

楽天ポイントを楽天Edyに交換するメリットは以下になります。

  • 使い道が増える
  • 決済によってポイント還元が得られる
  • 交換手数料を必要としない

それでは、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

楽天Edyは使える加盟店が多い!

楽天ポイントを楽天Edyへ交換することで、使い道が増えます。

どれだけポイントをたくさん貯めていても、「使いたい!」と思える場所が限られていたら意味がないですよね。

まず最初に楽天ポイントで使える主な店舗を見ていきましょう。

  • 各種楽天サービス
  • くら寿司
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • カフェバーPRONTO
  • まいどおおきに食堂
  • 大丸
  • 松坂屋
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • ツルハドラッグ
  • ダイコクドラッグ
  • SUIT SELECT
  • ビックカメラ
  • ジョーシン

くら寿司やアリさんマークの引越社があったり、様々なジャンルのお店が対応していますが、楽天Edyの場合はもっと多くのお店が対応しています。

楽天Edyが使えるお店はたくさんあるので、還元率で分けて見ていきましょう。

楽天Edyが使える主な店舗は以下です。

還元率 店舗名
0.5% ・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・サークルKサンクス
・ミニストップ
・デイリーヤマザキ
・イトーヨーカドー
・関西スーパー
・ツルハドラッグ
・マツモトキヨシ
・ココカラファイン
・キリン堂
・ウェルシア
・Amazon
・TSUTAYA
・紀伊国屋書店
・大垣書店
・EDION
・ビックカメラ
・ヨドバシカメラ
・コジマ
・ジョーシン
・高島屋
・ダイバーシティ東京
・アクアシティお台場
・グランフロント大阪
・阪急百貨店
・阪神百貨店
・ドンキホーテ
・ロフト
・マクドナルド
・ガスト
・ロイヤルホスト
・PRONTO
・タリーズコーヒー
・ケンタッキーフライドチキン
・サンマルクカフェ
・すき家
・大戸屋
・モスバーガー
・コメダ珈琲店
・CoCo壱番屋
・ビッグエコー
・シダックス
・自遊空間
・快活クラブ
・ラウンドワン
・ヤマト運輸
・てもみん
・エッソ、モービル、ゼネラル
・ニッポンレンタカー
・ルートインホテルズ
1% ・デックス東京ビーチ
・ヘルフェン
・てもみん
・Ducky Duck
・椿屋珈琲店
・スパゲッティ食堂ドナ
・ぱすたかん
・八重洲ブックセンター

楽天Edyは使えるお店が多いことから、多くの人にとって身近な店舗で使える可能性が高くなります。

楽天Edyはセブンイレブンやローソンのコンビニから、Amazonなどのネットショップまで様々なお店で使うことが可能です。

メリットとして現金を持ち歩く必要がないことがあり、身軽にお買い物にでかけることができます。

楽天Edyでお買い物をするとポイントが貯まる

楽天ポイントを楽天Edyに交換し、決済すればポイントを獲得できます。先程もお伝えした通り、楽天Edyはたくさんの使えるお店があるためポイントをザクザク貯めましょう。

楽天Edyの還元率は0.5%~1%です。

しかも、おサイフケータイの楽天Edyの場合は、楽天ポイントの他にも以下のポイントを選択して貯めることができます。

  • ANAマイル
  • Pontaポイント
  • Tポイント
  • au WALLETポイント
  • ビッグポイント
  • マツモトキヨシポイント

ANAマイルやTポイントなど、多くの人が欲しがるポイントが付与されるためポイントを貯めやすいですよ。

交換手数料を必要としない

せっかく獲得したポイントでも交換手数料が発生するケースもありますが、楽天ポイントから楽天Edyに交換する場合は、手数料がありません。

これから楽天Edyへの交換を考えている方は安心して交換しましょう。

楽天Edyで貯めたポイントの交換先

楽天Edyで貯めたポイントは楽天スーパーポイントと呼ばれ、ここでは楽天スーパーポイントの交換先についての解説をします。

楽天スーパーポイントの主な交換先は以下です。

  • 楽天Edy
  • ANAマイル

楽天EdyとANAマイルの交換の詳細について解説します。

楽天Edyに交換する

楽天Edyに交換する条件とレートは以下になります。

  • 楽天ポイント10ポイントから交換可能
  • 楽天ポイント1ポイントにつき、楽天Edy1ポイントの等価交換
  • 交換までの期間として最大2日間必要

先程もお伝えしたとおり、楽天ポイントを加盟店で使うより楽天Edyに交換してから利用する方が使い勝手がいいです。

楽天Edyの決済で、さらに楽天ポイントを貯めてポイントをザクザク貯めましょう。

  1. お買い物で楽天ポイントを貯める
  2. 楽天ポイントを楽天Edyに交換
  3. 楽天Edyで決済してポイントが貯まる

上記のように、お買い物で貯まった楽天ポイントを楽天Edyに交換して、決済すればポイントがドンドンお得に貯まりますよ。

ANAマイルに交換する

楽天ポイントはANAマイルへの交換にも対応しています。楽天ポイントからANAマイルへ交換する際のレートと、詳細は以下です。

  • 楽天ポイント50ポイントから交換可能
  • 楽天ポイント2ポイントにつき、ANAマイル1マイルと交換
  • 交換までの期間として1週間程度必要

楽天ポイント2ポイントでANAマイル1マイルと考えると「半分の価値しかないじゃん…。」って感じてしまうでしょう。

しかし、マイルは利用する航空便によって価値が変わるので、楽天ポイント2ポイントでANAマイル1マイルでも価値が下がるどころか、上がることもあります。

ただ、注意点として交換手続きを行ってからANAマイルが使えるのは1週間程度の時間がかかるので、「旅行で使いたかったのに、間に合わない!」みたいにならないように、時間に余裕を持って交換しておく安心ですよ。

まとめ

楽天ポイントは楽天Edyに交換すると、使い道が広がります。

ポイントをどれだけたくさん所持していても使えるお店が限定されてしまうと不便ですよね。

また、楽天ポイントから楽天Edyへの交換は、手数料などがなく使いやすいです。

そして、楽天Edyは決済でポイントが貯まるので、お買い物で貯めた楽天ポイントを楽天Edyに交換、決済してポイントをザクザク貯めましょう。

楽天Edyを無料で発行する方法はこちら

楽天Edyを無料で入手する方法|Edyは楽天カード付帯が一番お得