楽天Edyのオートチャージ設定方法を解説!その他チャージ方法は損?

 

楽天Edyのオートチャージの設定方法が知りたい!

楽天Edyのオートチャージの設定方法は、楽天Edy機能が付帯した楽天カードで楽天e-NAVIから手続きを行うことが可能です。

そのため、楽天Edyの機能が付帯した楽天カードを発行する必要があります。

すでに持っている楽天カードに楽天Edyの機能が付帯していない場合は、追加で楽天Edyの機能をつけましょう。

また、おサイフケータイで楽天Edyのアプリを活用しオートチャージすることも可能です。

また、オートチャージ以外の楽天Edyのチャージ方法は、クレジットカード、現金、銀行口座によるチャージがあります。

オートチャージは現金を持ち歩かずに済んだり、お会計がスムーズになるだけでなく、ポイントの二重取りも可能です。

ここでは、楽天Edyのオートチャージの設定方法とオートチャージ以外のチャージ方法、オートチャージの解除手続きについて解説しています。

楽天Edyはオートチャージが便利でポイントの二重取りができる!

楽天Edy

結論を言うと、楽天Edyを使うなら現金でチャージするよりも、オートチャージを使ったほうが、便利なだけでなくポイントが貯まりやすくお得です。

残高がなくなりそうになったら現金でチャージして、というのを繰り返すのは手間なのでオートチャージを設定しましょう。

ただし、楽天Edyのオートチャージは、一定の残高になると自動でチャージされる仕組みではなく対象の店舗でお買い物をする必要があったりと少し手間がかかります。

ここで、楽天Edyのオートチャージで決済する場所や残高の条件について解説します。

楽天Edyの残高の上限と1回のチャージができる上限について

楽天Edyには残高とチャージの上限があります。

  • 残高上限額は50,000円
  • 1回あたりのチャージ上限額は25,000円

楽天Edyには1日あたりの利用回数の制限がないので、残高上限内であれば同日、何度でもお買い物をすることができます。

また、チャージの回数にも上限がないので残高50,000円以下で、1回25,000円までなら何度でもチャージ可能です。

オートチャージでお会計のストレスがなくなる!

せっかく楽天Edyで便利でお買い物ができるのに、残高不足でチャージしていて「後ろの人、ごめんさい!」という気持ちになったことはありませんか?

そんな状況を打破してくれるのが楽天Edyの便利な機能のオートチャージです。

オートチャージを設定しておけば、ローソンやファミリーマートなどのオートチャージに対応している店舗では、設定した残高になった時に自動でチャージされるため便利にお買い物ができますよ。

つまり、オートチャージを設定しておけば日常のチャージの手間でかかるストレスから解放されるのです。

楽天カードを活用してのオートチャージでポイント2重取り

楽天カードのクレジットチャージを利用すれば、楽天Edyのオートチャージでポイントの二重取りができます。

  • 決済:0.5%
  • オートチャージ:0.5%
    合計:1%

オートチャージを活用すればお会計がスムーズなだけでなく、ポイントをお得に貯めることもできます。

つまり、これまで楽天Edyのチャージを現金で行っていた方は、もったいないことをしていたので、今後はオートチャージを活用してポイントをザクザク貯めていきましょう。

全国約86,000店舗がオートチャージに対応している

オートチャージが便利でポイントが貯まってお得なことはわかったけど、実際どこの店舗でオートチャージに対応しているの?って思いますよね。

楽天Edyのオートチャージはローソンやモスバーガーなど、全国86,000店舗が対応しているのでどこかしらのお店でオートチャージができますよ。

楽天Edyのオートチャージに対応しているお店は以下です。

  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • ファミリーマート
  • モスバーガー
  • ツルハドラッグ
  • ドラッグユタカ
  • クスリのあおき
  • CoCo壱番屋
  • コメダ珈琲店
  • 和食麺処サガミ
  • はるやま

上記の店舗の中で普段使っているお店がある方は、ぜひオートチャージで便利にお会計を済ませてみてはいかがでしょうか。

それでは、具体的に楽天Edyのオートチャージの設定方法を見ていきましょう。

楽天Edyのオートチャージ設定方法を解説!

楽天Edyのオートチャージの設定方法を簡単に解説します。

  1. 楽天Edy機能が付帯した楽天カードを発行
  2. 楽天e-NAVIで申し込み手続き
  3. 楽天Edyオートチャージが使えるように設定

上記それぞれの項目を行えば、楽天Edyのオートチャージの設定が完了するため一緒に見ていきましょう。

楽天Edy機能が付帯した楽天カードを作成する

まずは、楽天Edyの機能が付帯した楽天カードを発行するか、おサイフケータイで楽天Edyのアプリをインストールしましょう。

  • 楽天Edy機能が付帯した楽天カードを作成する
  • おサイフケータイで楽天Edyのアプリを活用する(Android限定)

楽天カードには複数種類があり、楽天Edyの機能が使えるカードばかりではありません。

楽天Edyのオートチャージを利用するには、楽天Edyの機能がついている楽天カードの発行が必要です。

  • 楽天カードを持っていない:申し込み手続きの際に、楽天Edy機能を付帯させる
  • すでに楽天カードを持っている:追加で楽天Edyの機能を付帯させる

上記の方法で、楽天カードに楽天Edyの機能を付帯させましょう。

ちなみに、おサイフケータイは楽天Edyアプリをインストールして設定を行えば、楽天Edyを使えるのでお手軽です。

また、楽天Edyアプリは無料アプリのため、楽天Edyカードの発行手数料の300円(税抜)がかかりません。

おサイフケータイはAndroidユーザーが利用できるサービスで、残念ながらiPhoneユーザーの方は使うことができないため注意が必要です。

続いては、楽天e-NAVIの申し込み手続きの方法を見てきましょう。

楽天e-NAVIで申し込み手続きを進める

楽天Edyが付帯している楽天カードを発行したら、次は『楽天e-NAVI』で申し込み手続きを行いましょう。

楽天e-NAVIの申し込み手続きの流れは以下になります。

  1. 楽天e-NAVI』にログイン
  2. トップページ右上の「Edyチャージ」をタップ
  3. Edyチャージサービスページの「Edyオートチャージ」をタップ
  4. オートチャージ条件を設定し、楽天カード裏面のセキュリティーコードを入力する
  5. 申し込み内容を確認し、間違いがなければ「上記規約に同意して申し込む」をタップ

上記の楽天e-NAVIの申し込み作業を全て完了させれば、対応店舗でオートチャージでお買い物ができるようになります。

また、これから新規で楽天カードを発行する方は、申し込み手続きの際に、楽天Edyのオートチャージの機能を付帯させましょう。

楽天Edyオートチャージが使えるように設定する

これまで楽天Edy機能が付帯した楽天カードを発行して、楽天e-NAVIに申込む流れを解説しましたが、最後に楽天Edyのオートチャージ機能が使えるように設定しましょう。

  1. 楽天Edyオートチャージ対象店舗で買い物
  2. ファミリーマートに設置されているファミポートで設定
  3. 楽天EdyリーダーまたはFeliCaポート/パソリで設定

楽天Edyのオートチャージの設定には上記3つの方法がありますが、一番シンプルなのが①楽天Edyオートチャージ対象店舗でお買い物をすることでしょう。

以下で②と③の設定方法についても解説します。

ファミリーマートに設置されているファミポートから設定する

レジの近くやトイレの付近に設置されているファミポートで、楽天Edyのオートチャージを設定する手順は以下になります。

  1. 「Famiポート」トップ画面の「電子マネー『楽天Edy』」をタッチ
  2. 「Edyオートチャージ設定」ボタンをタッチ
  3. 「Edyオートチャージとは?」を確認し、「OK」ボタンをタッチ
  4. 「Famiポート」のバーコードリーダー部分に、楽天Edy機能が付帯された楽天カードをかざす
  5. 「楽天e-NAVI」で申し込みした設定内容を確認し、「OK」ボタンをタッチ

上記がファミポートで楽天Edyのオートチャージの設定方法になります。

ファミリーマートを頻繁に使う方は、ファミポートでサクッと手続きを済ませるのも手軽ですよ。

楽天EdyリーダーまたはFeliCaポート/パソリで設定する

楽天Edyリーダーまたは、FeliCaポート/パソリで、楽天Edyのオートチャージの設定をする方法は以下になります。

  1. 「楽天e-NAVI」のEdyオートチャージ申し込み完了画面で「パソリ」を選択
  2. 「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」に楽天Edy機能が付帯された楽天カードをセット
  3. 「準備完了」ボタンを選択

楽天Edyリーダーまたは、FeliCaポート/パソリで設定する方法は上記の通りですが、楽天カードEdyリーダーやパソリは本体に費用がかかってしまいます。

楽天Edyオートチャージに対応している店舗でのお買物か、ファミポートで設定するほうがお金がかからず無駄な出費が抑えられます。

おサイフケータイでもオートチャージ設定ができる

楽天Edyはおサイフケータイで利用でき、オートチャージの設定も可能となっています。

Androidユーザーの方であれば、おサイフケータイで楽天Edyのオートチャージの設定をしてしまうのも手軽で良いでしょう。

しかし、おサイフケータイはAndroidユーザーのみが利用できるサービスで、iPhoneユーザーの方は使うことができないので、注意が必要となります。

おサイフケータイで楽天Edyを使う手順

おサイフケータイで楽天Edyを使う手順は以下になります。

  1. 楽天Edyアプリをインストール
  2. 貯めるポイントを設定
  3. チャージ

楽天Edyアプリであればインストールから、楽天Edyの利用まで実にシンプルです。

ちなみに、②の貯まるポイントは、以下のポイントから好きなものを選んで貯めることができます。

  • 楽天スーパーポイント
  • ANAマイル
  • Pontaポイント
  • au WALLETポイント
  • Tポイント
  • ビックポイント
  • マツキヨポイント

楽天スーパーポイントが選択できるのはもちろんですが、TポイントやANAマイルなどの便利なポイントが貯められるのは良いですよね。

おサイフケータイでオートチャージ設定をする

おサイフケータイでオートチャージの設定をする方法は以下になります。

  1. 「詳細を見る」をタップ
  2. 「チャージ設定」をタップ
  3. 「オートチャージ設定」をタップ
  4. 「オートチャージ設定・変更」をタップ
  5. オートチャージの詳細を設定

おサイフケータイでオートチャージの設定をする手順はこのようになります。

①~⑤までの手順はサクサクできてお手軽ですよ。

また、おサイフケータイからのオートチャージには以下の方法があります。

  • クレジットカードによるオートチャージ
  • 楽天会員IDによるオートチャージ
  • 銀行口座振替によるオートチャージ

自分が一番使いやすいと思った方法でオートチャージの設定をしてくださいね。

オートチャージの設定条件とオートチャージされるタイミング

オートチャージが行われるタイミングと設定条件について確認しておきましょう。

まず初めに、オートチャージが行われる条件は以下です。

  1. 楽天Edyの残高が3,000円以下の状態で決済
  2. 楽天Edyでの支払い金額が「支払い前残高+オートチャージ設定額」を超えていない

①の条件で例を出すと、残高が3,000円を下回ったら5,000円のオートチャージがされる条件があるので、残高2,000円で3,000円の支払いをすれば、以下のようになります。

  • 2,000円-3,000円+5,000円=4,000円

つまり、残高が3,000円以下になったらオートチャージされるのではなく、残高が3,000円以下の状態で楽天Edyで決済するとオートチャージが行われます。

残高が4,000円の時に3,000円のお買い物をしても、残高が3,000円以下で決済するという条件を満たしていないため、オートチャージは行われません。

②の条件で例を出すと、残高1,000円の時に7,000円のお買い物をすると、5,000円分オートチャージされても7,000円には届かないため、支払いもオートチャージもされない状態になります。

  • 1,000円-7,000円+5,000円=-1,000円

楽天Edyを使って、残高に加えオートチャージでも支払えない可能性のあるお買い物をする時は、オートチャージの設定金額を高めておくようにしましょう。

楽天Edyのオートチャージ以外のチャージ方法

楽天Edyのオートチャージが便利なことは、ここまででわかってもらえたと思いますが、オートチャージ以外のチャージ方法も併せて解説します。

オートチャージ以外のチャージ方法は以下です。

  • クレジットカードによるチャージ
  • 現金によるチャージ
  • 銀行口座によるチャージ

それでは、オートチャージ以外の決済方法についてそれぞれ解説していきます。

クレジットカードによるチャージ

クレジットカードのチャージには楽天Edyの種類によって流れが変わります。

  • 楽天Edyカード
  • 楽天Edy付帯の楽天カード
  • おサイフケータイの楽天Edy

上記3つのチャージ方法についてそれぞれ解説していきます。

楽天Edyカードの設定

楽天Edyカードのクレジットチャージの設定方法は以下になります。

  1. リーダーライターの準備など、楽天Edy Viewerの利用環境を整える
  2. Edy Viewerからクレジットカード情報の登録を進める
  3. 翌日正午以降、Edy Viewerからクレジットチャージができるようになる

ご覧の通り、手続きを完了してもすぐにはクレジットチャージができないので注意が必要です。

それに加え、リーダーライターは費用がかかるため少し残念なところになります。

楽天Edy付帯の楽天カードの設定

楽天Edy付帯の楽天カードのクレジットチャージを設定する方法は以下になります。

  1. 楽天e-NAVIにログイン
  2. トップページ右上の「Edyチャージ」をクリック
  3. Edyチャージサービスページの「クレジットチャージ」をクリック
  4. チャージ条件を設定し、楽天カード裏面のセキュリティーコードを入力
  5. 申し込み内容を確認し、間違いがなければ「上記規約に同意して申し込む」をタップ

楽天Edy付帯の楽天カードの場合は、リーダーライターを用意する必要がありません。

また、クレジットチャージと決済でポイントの二重取りが可能なため、ポイントをザクザク貯めていきましょう。

おサイフケータイの楽天Edyの設定

おサイフケータイで楽天Edyのクレジットチャージを行う設定は以下です。

  1. おサイフケータイタブの「詳細を見る」をタップ
  2. 「チャージ設定」をタップ
  3. 「チャージ方法」をタップ
  4. 「クレジットカード」をタップ
  5. 「次へ進む」をタップ
  6. 必要情報を入力する
  7. 入力情報を確認後、「登録する」をタップ

上記でクレジットカード情報の登録が完了するので、以下でクレジットチャージの設定を確認しましょう。

  1. 「チャージ」をタップ
  2. チャージ金額およびパスワードを入力

上記で、おサイフケータイの楽天Edyでクレジットチャージを利用する設定が完了となります。

クレジットカード情報の新規登録や更新後は、原則翌日の正午までクレジットチャージができないことには注意してください。

現金によるチャージ方法

当然ながら楽天Edyは現金でチャージすることが可能です。楽天Edy加盟店のレジで楽天Edyにチャージしたいことを伝えましょう。

なお、現金でチャージする方は以下の楽天Edy加盟店をチェックしてみてください。

  • サークルK/サンクス
  • スリーエフ
  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ
  • ローソン
  • WonderGoo
  • プロント
  • CAFFE SOLARE
  • 喫茶室ルノアール
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストアウェルネス

上記、楽天Edy加盟店のレジでチャージすることが可能ですが、一部の店舗ではEdyチャージャーと言って現金入金機が導入されているお店もあって便利ですよ。

銀行口座によるチャージ方法

おサイフケータイで楽天Edyを使っている方は、銀行口座からのチャージもできます。

銀行口座からのチャージの手順は以下になります。

  1. 「詳細を見る」をタップ
  2. 「チャージ設定」をタップ
  3. 「チャージ方法」をタップ
  4. 「銀行口座」をタップ
  5. 「新しく口座を登録する」をタップ(口座情報がない場合)
  6. 各金融機関のサイトで申し込み手続き
  7. 申し込み手続き完了後、「チャージ」をタップ
  8. チャージ金額およびパスワードを入力

以上が、おサイフケータイで銀行口座を使ってのチャージの手順となります。

楽天銀行以外の都市銀行や地方銀行でも設定が可能です。

また、銀行口座からのチャージの注意点が2点あるので確認しておきましょう。

  • 申し込みから利用可能になるまで、最大で申し込み日翌日の15時までかかる
  • 一部の金融機関では、上記期間より更に3日~10日程度かかる場合がある

おサイフケータイで楽天Edyのオートチャージを利用する予定がある方は、なるべく早くに申し込みを済ませておきましょう。

楽天Edyのオートチャージの解除設定

楽天Edyのオートチャージはチャージの際の手間と時間を省くことができます。

ですが、その便利さゆえに使いすぎてしまったり、楽天Edyで使った金額を把握しきれなくなるなどのデメリットもあることでしょう。

  • 使いすぎてしまう
  • いくら使っているか把握しづらい

上記の理由から、オートチャージ以外の方法でチャージして楽天Edyを使いたい方もいることでしょう。

それでは、楽天Edyのオートチャージを解除する設定を解説します。

楽天Edyのオートチャージを解除する手順

楽天Edyのオートチャージを解除する方法は以下の2つになります。

  • Famiポートで解除する
  • パソリなどの端末で解除する

それでは早速、楽天Edyのオートチャージを解除する方法をそれぞれ解説していきます。

Famiポートで解除する

Famiポートはファミリーマートに置いてある機械のことで、Famiポートを使ってのオートチャージの解除手続きはファミリーマートで行うことになります。

Famiポートで楽天Edyのオートチャージを解除する手順は以下です。

  1. Famiポートトップ画面の「電子マネー楽天Edy」をタッチ
  2. 「Edyオートチャージ解除」ボタンをタッチ
  3. 「Edyオートチャージオフ」ボタンをタッチ
  4. Famiポートのバーコードリーダーに楽天Edyをかざす

Famiポートを使った解除申請は上記の手続きで簡単に行うことができます。

パソリなどの端末で解除する

ファミリーマートまで行くのが面倒で自宅でオートチャージを解除したい!」このような方はパソリを使ってオートチャージの解除手続きを行ってください。

  1. 楽天e-NAVIにログイン
  2. 楽天Edyオートチャージサービス内の解除ボタンをクリック
  3. 楽天Edyをパソリなどの端末にかざす

パソリを使ったオートチャージの解除手続きは以上になります。

また、パソリは端末代金が必要となるので、解約にお金を使いたくない方はFamiポートで解約してください。

まとめ

楽天Edyはオートチャージを使うことによって、毎回のチャージの手間と時間をなくすことができます。

また、オートチャージを設定することによって決済に加えて、チャージで付与されるポイントの二重取りができてお得です。

ただし、オートチャージは便利な機能ゆえに使いすぎてしまったり、楽天Edyのチャージした金額が把握できないなどの問題もあり、オートチャージ以外の方法での利用もいいでしょう。

楽天Edyのチャージ方法はたくさんあり、わからないことがあれば本記事の内容を振り返ってもらい、最も使いやすいチャージの方法で楽天Edyを利用してみてください。

楽天Edyを無料で発行する方法はこちら

楽天Edyを無料で入手する方法|Edyは楽天カード付帯が一番お得